もしサロンが業務停止や潰れたら?

もしサロンが業務停止や潰れたら?

エステのコースは決して安いものではありません。それだけに、もし倒産でもしてしまったらあきらめがつきませんよね。でも、まだ契約が残っている時に倒産してしまったら、どうすればいいのでしょうか?

 

返金の権利

 

当然、契約の内容を果たしてもらってないわけですから、「残金」を返金してもらう権利はあります。すでに施術してもらった分に関しては、返金を要求はできません。

 

ただ、「権利」があるからといって、言えば返金してもらえるというわけではありません。お金がなくなって倒産してしまったので、返金もできないんですよね。

 

倒産すると、管財人が入って、残った会社の財産を整理し、負債を返します。返金の分もこの「負債」として扱われるので、この時に割合に応じて返金を受けることができます。

 

消費者相談センターに相談を

 

まずは消費者相談センターへ相談しましょう。返金の申し立てなどについて、アドバイスしてくれます。
きちんと申し立てておけば、管財人が財産を整理する際に小額でも戻ってくる可能性があります。

 

日本エステティック業協会に相談する

 

業界団体である日本エステティック業協会は、エステサロンが倒産した場合に、代替サービス(他のエステサロンでの施術)に切り替えたり、代替プランを提供してくれることがあります。

 

クレジット分割払いを停止する

 

クレジットカードで分割払いにしている場合、「まだ受けていないサービス」については支払いを停止することができます。(すでに受けた施術代は、支払う義務があります)

 

すぐにカード会社に電話して、事情を説明し、分割払いの先を停止してもらいましょう。

 

また、こうしたケースのことも考えて、長期のコースや高額なコースの場合は、クレジットで分割払いにしておくのがいいかもしれません。一括払いで支払ってしまった場合や、現金払いの場合、返金は非常に難しくなってきます。